日清が手がけるカップヌードルのCM 17才・剣道部ゾロの“挫折と青春”を描く第1弾、オンエア開始

剣道は、武道のなかでも柔道や空手に比べると防具を装着したりするので敷居が高そうといった印象を受けられている人が多いと思います。

最近では、バラエティー番組などでも取り上げられる機会も増えたとはいえ、昭和世代が知っている「赤胴鈴之助」、「おれは鉄兵」、「六三四の剣」ほどのムーブメントには至っておらず、サッカーやテニスなどのような大きな流行の波に乗るというようなことにはなっていないのが実情です。

しかし一方で、確実に露出が増えているような気がしますし、そのことはとても嬉しく感じています。

毎日、剣道関連のニュースはチェックするようにしているのですが、最近話題になっているカップヌードルのCM「アオハル編」では、ワンピースのキャラクター「ゾロ」を用いた剣道のストーリー展開が話題を集めているようです。

17才・剣道部ゾロの“挫折と青春”を描く第1弾、オンエア開始

こちらのCMシリーズ「HUNGRY DAYS」は、2017年6月にオンエアを開始し『魔女の宅急便篇』『アルプスの少女ハイジ篇』『サザエさん篇』『最終回篇』の全4作品でCM好感度1位(食品業類)を獲得、動画再生回数もシリーズ累計で1,800万回以上を記録するなど大きな話題となったCMシリーズ。(Yahoo!ニュースより)

今回のこの動画もYouTubeではすでに400万回近くの再生となっており、注目度の高さが伺えます。国民的人気漫画ワンピースのキャラクターが登場する剣道部を題材にしたCMが注目を浴びているのは、剣道のさらなる認知にも繋がるので非常に喜ばしいことですね。また、ワンピースは海外でも絶大な人気があるので、海外の剣道ファンや剣士の皆さんの注目度も高いでしょう。

以前東山堂でも、もっと子供たちに剣道を始めてほしいという一念で、ワンピースとコラボした面タオル、道具袋、道着袴そして居合刀なども発表して、大変好評を博し様々なメディアでも取り上げられました。さらには女の子にも興味を持ってもらいたいと、ハローキティともコラボした商品なども展開し、キティの剣道防具セットなどは海外のサンリオ展示会でも一番注目を浴びたアイテムとして何度も海を渡ったという経緯もありました。

きっかけは何であれ、このような形で剣道の認知が世界中にもっと広まって欲しいと心より願っています。そして剣道人口が増えることで、私たちも剣士の皆さんが安心安全に、そして長く続けれるように万全を尽くしていきたいと思っています。

CMのYouTubeはこちら